スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「パール博士 平和の宣言」



今日は岳父の事についてちょっと書きます。

以前にも書きましたが私の父は田中正明と申します。
平成18年1月8日95歳を目前に他界しました。

父の本で今までのロングセラーでいいますと昭和27年4月28日(所謂日本独立の日と言われている日です)に出版しましたパール判事の日本無罪論。東京裁判のときのインド代表判事です。

この日の前日以前に出版すると当然にGHQに逮捕されることになります。
沢山の人たちの協力でこの日に出版することが出来たようです。
当然当時のベストセラーだったようです。
それ以後今日に至るまで沢山の読者に読んでいただき有難うございます。
小学館さんからの文庫になるまでは国際法を勉強している学生さんが多かったように聞いております。

文庫なってからは読者層に変化が出てきているようです。
ここ数年、東京裁判 南京事件と大きくマスコミ界でも取り上げられているせいかと思いますが昨年は8月13日と14日の両日に渡ってNHKが夜の10時からだったでしょうか、約1時間番組を2夜連続でやりました。

私はこの本の中でみなさんに読んで頂きたいところは12Pの後ろ4行です。
敢えてここに書きます。

「この裁判を演出し指揮したマッカーサーは、裁判が終わって1年半後、ウェーク島でトルーマン大統領に「この裁判は間違いだった」と告白し、さらに三年後の五月三日、アメリカに戻って上院軍事外交委員会の席上で、「日本があの戦争に飛び込んでいった動機は、安全保障の必要に迫られたためで、侵略ではなかった」と言明したのである」と書いております。

昨年7月には同じく小学館さんから「南京事件」の総括 を文庫で出版しました。
この本には15の項目を挙げ南京事件は無かったことを証明しております。
そして今年の2月11日(奥付が2月11日ですがたまたまこの日が父の誕生日なんです)に「パール博士 平和の宣言」を出版されました。

この本は幻の本として昭和28年に初版を出したきりでそのままになっていました。
小林よしのり先生の復刊にあたってのお言葉を添えていただき発売中です。
この本は昭和28年以降パール博士が日本に来日され平凡社初代社長下中弥三郎先生と銀座は三原橋の歌舞伎座と反対側にあります。

カレーで有名はナイルレストランの初代社長A.M.ナイル先生(この方はインド独立に関わられた方で有名です。現在の二代目社長のG.M.ナイルさんは日本の警察学校の先生をしておられますし、歌舞伎、新内等々名取をもっておられます)と我が岳父の田中正明の3名が同行したときの講演録や道中での話を本にしたものです。

父の口癖は「正しい歴史観を持ちなさい」と「強い信念を持ちなさい」いつも言っておりました。
皆さんには是非呼んで頂きたい本です。
      

ブログランキングに参加しています。ランキングはコチラ



ブログランキング・にほんブログ村へ

ランキングはこちらをクリック!



ブログランキング


スポンサーサイト

comment

Secret

プロフィール

株式会社ガイアソリューション  代表取締役 田中  太郎

Author:株式会社ガイアソリューション 代表取締役 田中 太郎

ガイアソリューション 代表取締役による日々の出来事をつづったブログです。

性別:男性
誕生日:1948年10月22日
血液型: A型
出身地: 富山県
趣味:マラソン、読書、旅行
自己紹介:こんにちはガイアソリューションの田中です。ブログ『邂 逅』では日常の出会いや様々な出来事をブログつづっていこうかなと 思ってます。よろしくお願いします。

カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
クリック募金
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
株式会社ガイアソリューション
g-b.gif
アルテマブルーご紹介
アルテマブルーCM
UltimaBlue TVCM
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
MOTTAINAI クリック募金
Powered By イーココロ!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。