スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

永遠の一秒 新宿グローブ座にて




23日、友人に誘われて、久しぶりに芝居を見に行きました。

新宿グローブ座で『永遠の一秒』 

終戦65周年 平和記念特別公演で26日が最終です。

昭和20年(1945年)春、払暁の空の下、

桜花舞い散る宮崎基地から三人の特攻兵が出撃した。

怪我の為、出撃できなかった戦友、原口に遺書と軍刀を残して。

愛する人を残して…

敵戦艦を発見した三人は、原口待つ基地に最後のモールス信号を送信―

――ワレ コレヨリ 突入ス――

そして迎える最後の瞬間。

逝く者は絶叫し、残された者は慟哭した。

間さk、65年後の日本で再開するとは

知る由もなく…

写真は向かって左から塩谷 瞬  住谷 正樹  伊崎 充則 

この三人の好演が素晴らしかった。

全国で展開して頂きたいですね。

我々のような戦争を知らない世代の人には、特に見て頂きたい。

戦争とは 自由とは 平和とは いろいろと考えさせられました。

連れて行ってくれた友人に感謝です。

ここで『永遠の一秒』公演寄稿 船村徹先生の 寄稿分を掲載させてください。

戦後65年もたつというのに、近隣諸国がどうのこうのと、国家統治の

根本理念として不可欠であるべき「主権」なんか、どこかへ置き忘れて

しまったような日国の現状を、ご英霊のかたがたはどんな思いで

みていられるのだろうかと、ただただ低頭するばかりである。

日本の将来を思い、家族の幸せを願って散華して逝った方々を思う時

胸裏がしめつけられるような悲しみにたまらなくなる。

日本人としての誇り、祖先を敬う心を錆びさせることなく、英霊の勇魂を

永久に語り続けてこそ、日本の将来は浮かばれるような気がしてならない。

浅はかな現代の教育が、結果的には、家族愛、愛郷心、そしてこの国の

愛国心を虫食んで、ひいては今日のような、ぐちゃぐちゃな世の中を

助長しているように思えてならない。


船村先生の仰るとおりですね。





























スポンサーサイト
プロフィール

株式会社ガイアソリューション  代表取締役 田中  太郎

Author:株式会社ガイアソリューション 代表取締役 田中 太郎

ガイアソリューション 代表取締役による日々の出来事をつづったブログです。

性別:男性
誕生日:1948年10月22日
血液型: A型
出身地: 富山県
趣味:マラソン、読書、旅行
自己紹介:こんにちはガイアソリューションの田中です。ブログ『邂 逅』では日常の出会いや様々な出来事をブログつづっていこうかなと 思ってます。よろしくお願いします。

カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
クリック募金
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
株式会社ガイアソリューション
g-b.gif
アルテマブルーご紹介
アルテマブルーCM
UltimaBlue TVCM
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
MOTTAINAI クリック募金
Powered By イーココロ!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。