スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「皇居ランナー 」増で銭湯人気 マナー問題

昨日の産経新聞の記事で気になったこと。

皇居ランナー」増で銭湯の人気が 反面 利用者のマナーが問題に。

その記事の一部を書いてみます。

皇居を周回するビジネスマンら「皇居ランナー」らによる利用が話題になっている

都心の銭湯で、利用者のマナーの悪さが問題になっているそうだ。

僕も皇居を走ることをこよなく愛する一人としてマナーは守ろうよ。

何も皇居に限らず、社会人として。

ランニングシューズを持ったまま脱衣所に入るなどのマナー違反が後を絶たないそうだ。

「お客さんが増え、銭湯を続けられるようになったし、やりがいがある」と話すのは

千代田区麹町にある銭湯バン・ドゥーシュの経営者、橋冨和子さん。

参加者が3万人を超える規模で、昨年2月に初開催された「東京マラソン」をきっかけに

ビジネスマンや若い女性の利用が増えたそうです。

ランナー向けにロッカー、シャワーなどの提供する施設のオープンも相次いでいるそうです。

東京マラソンをきっかけに都心はランニングブーム。

だが利用者が増えるに連れて、一部のランナーのマナーの悪さに頭を悩ませる

銭湯の経営者も出てきたそうです。

シューズを持って脱衣所に入るランナーに手を焼く。

シューズを脱衣所に持ち込むと、砂や小石が落ちることで他の客に迷惑が掛かる。

銭湯側の注意に理解するランナーは多いが「偉そうに言うな!」と

〃逆ギレ〃されるケースもあると言う。

同じようなシューズが下駄箱に並ぶことによる履き間違いや盗難を懸念することが

持込の理由となっているようだ 。

そんな中、ランナーからもマナー向上を心掛ける動きも出はじめているそうです。

グループを作って走るランナーの一部には、注意に応じる形でリーダーが

「シューズを袋の中に入れるように」といったマナー指導をする光景が出始めているという。

「そんな動きがランナー全体に広がってくれれば」と銭湯経営者さんらは期待しているそうです。

僕に言わせればこんなことが記事になるなんて情けないですね。


ブログランキングに参加しています。ランキングはコチラ



ブログランキング・にほんブログ村へ

ランキングはこちらをクリック!



ブログランキング


スポンサーサイト

comment

Secret

プロフィール

株式会社ガイアソリューション  代表取締役 田中  太郎

Author:株式会社ガイアソリューション 代表取締役 田中 太郎

ガイアソリューション 代表取締役による日々の出来事をつづったブログです。

性別:男性
誕生日:1948年10月22日
血液型: A型
出身地: 富山県
趣味:マラソン、読書、旅行
自己紹介:こんにちはガイアソリューションの田中です。ブログ『邂 逅』では日常の出会いや様々な出来事をブログつづっていこうかなと 思ってます。よろしくお願いします。

カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
クリック募金
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
株式会社ガイアソリューション
g-b.gif
アルテマブルーご紹介
アルテマブルーCM
UltimaBlue TVCM
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
MOTTAINAI クリック募金
Powered By イーココロ!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。