7月17日 日々の歳時記

7月17日
七十二候 鷹乃ち学を習う(たかすなわちわざをならう)(鷹の雛が巣立つ準備をする)
今日の名句


白南風の夕波高うなりにけり 芥川龍之介

今日の極めつき季語
【白南風】(しろはえ)

梅雨が明けた頃に吹く穏やかな南風をいう。「黒南風」(くろはえ)が梅雨の合間に吹く暗い印象の風であるのに対し、こちらは明るく晴れやかな印象。「白南風」が吹くと、いよいよ夏本番である。

今日の言葉
【蠅帳】(はえちょう)

蠅が入らないよう、さらに通風を良くするため周囲に金網などを張った小戸棚。また、食卓を覆う傘状のもの。「はいちょう」ともいい、後者は「蠅除」(はえよけ)ともいう。最近は見かけなくなり絶滅季語に近いものになっている。

今日は何の日
【雨の特異日】

偶然とは思えない高い確率で定まった気象現象が起こる日を「特異日」という。本日は雨の特異日で、雨になる確率がきわめて高い日である。また本日は石原裕次郎の命日でもあり、気象予報士の森田正光が、この日に降る雨をいみじくも「裕次郎雨」と名づけた。

夏生一暁氏著「日々の歳時記」より
PH P 文庫

7月16日 日々の歳時記

7月16日
今日の名句


葛少し芒にからみ梅雨あがる 前田普羅

今日の極めつき季語
【梅雨明】

梅雨が終わることで、「梅雨あがる」ともいう。「梅雨明」の日は年によって異なるが、雷が鳴ると梅雨が明けるといわれている。気象庁の過去30年間の平均データでは、沖縄で6月23日、近畿と関東甲信で7月21日、東北北部では7月28日が「梅雨明」の日である。

今日の言葉
【初蝉】

その年に初めて聞く蝉の声をいう。夏の季語。地域によって時期が異なり、気象庁のデータによれば、アブラゼミの鳴き始めの平均日は、沖縄で6月8日、福岡で7月8日、大阪で7月16日、東京で7月24日、仙台で7月20日、函館で7月29日である。

今日は何の日
【お盆の最終日・送り盆】

送火を焚いて祖先の霊を送り出す。15日にするところもある。また、月遅れの8月16日や旧暦で行うところもある。

【藪入】
奉公人が親元に帰る日。盆と正月とあるが、盆のものは「後の藪入り」と呼ばれる。

夏生一暁氏著「日々の歳時記」より
PH P 文庫

7月15日 日々の歳時記

7月15日
今日の名句


祇園会や錦の上に京の月 正岡子規

今日の極めつき季語
【中元】

中国では1月15日を上元、7月15日を中元、10月15日を下元として祝うが、日本ではそのうち7月のものだけが盆の節句として定着した。「中元」のこの日は、先祖の霊に捧げ物をし、生身魂である年長者にも贈り物をしたが、それがしだいに平素お世話になった人にも贈答する習慣となった。「お中元」を「盆供」「盆見舞」と呼ぶのもそこから来ている。

今日の言葉
【月見草】

夕方に開花し朝方にしぼむのでこの名がある。その「月見草」といわれるものには二つあり、一つはアカバナ科の白い花。しぼんだ時には紅色にかわるが、今ではあまり見られない。もう一つは大待宵草や待宵草で、黄色い花をつける。一般に月見草と呼んでいるのは後者のほうである。

今日は何の日
【盆・盂蘭盆】

13日~16日の先祖の霊を供養する行事。月遅れの8月に行うところも多い。

【中元・お中元】
もともとは仏に捧げ物をする行事だったが、お世話になった人にも贈る習慣に発展した。関東地方では本日までに贈答を済ます習わし(関西は月遅れで8月15日まで)

夏生一暁氏著「日々の歳時記」より
PH P ,文庫
プロフィール

株式会社ガイアソリューション  代表取締役 田中  太郎

Author:株式会社ガイアソリューション 代表取締役 田中 太郎

ガイアソリューション 代表取締役による日々の出来事をつづったブログです。

性別:男性
誕生日:1948年10月22日
血液型: A型
出身地: 富山県
趣味:マラソン、読書、旅行
自己紹介:こんにちはガイアソリューションの田中です。ブログ『邂 逅』では日常の出会いや様々な出来事をブログつづっていこうかなと 思ってます。よろしくお願いします。

カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
クリック募金
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
株式会社ガイアソリューション
g-b.gif
アルテマブルーご紹介
アルテマブルーCM
UltimaBlue TVCM
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
MOTTAINAI クリック募金
Powered By イーココロ!